JR米子駅 耳よりコラム 妖怪の里へ・・・ JR境線 鬼太郎列車 完全ガイド!

その人気は遊園地のアトラクション級!?米子駅から境港駅を結ぶJR境線では、ユニークな妖怪列車が人気を博しています。旅の思い出作りに、記念撮影に、こちらではその内容を徹底解剖!

ここが見どころ


JRをご利用の方_3

米子駅発、妖怪ワールド行
鬼太郎列車 0番線より発車~!

山陰本線、伯備線など鉄道網の拠点となるJR米子駅。その0番ホームこそが、鬼太郎列車でおなじみ、JR境線の乗り場。0番ホームを霊番ホームと改め、境港へ向け運行しています。

列車には、愛らしい鬼太郎ファミリーのキャラクターペイントされ、その種類も徐々に増え、現在は4タイプの列車がローテーションで運行中。
また沿線上の各15の駅には、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地に語り継がれる妖怪の名前が愛称に・・・。
ちなみに、米子駅は「ねずみ男駅」、境港駅は「鬼太郎駅」。

いずれ「つぎは~~、ねずみ男駅~~」なんていうアナウンスが聞かれるかも。
ではでは、妖怪たちの故郷、境港へ向け、しゅっぱつ進行~~~ !

「JR境線 時刻表」はコチラ

※イラスト列車時刻表はコチラ(境港市観光協会ホームページ)


JR境線米子駅 ちょっとトリビアなお話・・・

JRをご利用の方_5

その1.
Kioskまでが鬼太郎デザイン

霊番ホームに設けられたお馴染み「Kiosk」。この売店までもが鬼太郎仕様になってます。売店では、鬼太郎グッズほか、山陰の特産品、銘菓なども販売中。

JRをご利用の方_6

その2.
ホームでは鬼太郎風に記念撮影

霊番線ホームに立てかけられたねずみ男の看板。よ~く眺めると顔だけがくり抜かれ、記念撮影用にデザインされています。乗車記念にぜひ。

JRをご利用の方_7

その3.
米子駅の別名は「ねずみ男駅」

JR境線の各駅では、妖怪達の名前が愛称として付けられています。駅の案内板を見ると、確かに「ねずみ男駅」の名が。ちなみに境港駅は「鬼太郎駅」でした。