お得キャンペーン

『トライアスロン合宿 in KAIKE』を開催します!【2019年6月21日(金)~23日(日)※2泊3日】

鳥取県米子市皆生温泉で、初心者から上級者を対象とした2泊3日で、最終日には「中海オープンウォータースイム2019大会」へ出場も含まれた合宿です。人数限定の特別な合宿ですのでご興味の方はぜひお申込みください。

合宿バナー

日本トライアスロン発祥の地でも知られる鳥取県米子市皆生温泉で、2泊3日のトライアスロン特別合宿を開催いたします!
講師は、米子市出身でトライアスロン競技において数々の実績があるミスタートライアスロンこと「小原 工(おばらたくみ)氏」、現在もエイジ選手として活躍するエイジランキングチャンピオン、世界選手権日本代表の「小原千絵(おばらちえ)氏」です。

合宿の最終日には、「中海オープンウォータースイム2019」大会への出場、また大会ゲストでもある女子自由形800mの日本記録保持者で、シドニー・アテネ五輪日本代表の「山田沙知子さん」との懇親会も合宿2日目の夕方に予定しております!!

ぜひ、この機会に日本トライアスロン発祥の地で開催されるスペシャル合宿に参加して、トライアスロン競技力の向上、またトライアスロン仲間との友好を深めてはいかがでしょうか?

【名 称】
トライアスロン合宿 in KAIKE

【趣 旨】
初心者から上級者まで、普段できない基本的かつ実践的トレーニングで、トライアスロンの基礎(安全管理、ルール)、スイム、バイク、ランの総合的な練習を行う合宿です。

【背 景】
鳥取県米子市(皆生温泉)は、今からおよそ39年前に日本で初めてトライアスロンが始まった日本トライアスロンの聖地です。第1回大会ではトップを走っていた2名の選手が最後は競うことをやめ、お互いの健闘を称え手を取り合い一緒にゴールしたことが今でも語り継がれており、今では「勇者の伝説」と呼ばれております。
鳥取県米子市を含む西部エリアは年間を通して数多くのトライアスリートがここに訪れており、6月23日(日)には「中海オーシャンウォータースイム2019」大会が行われます。今回、米子市ではトライアスロン競技普及と、聖地としての皆生の名を一層広め、地域振興を図るため、全日本トライアスロン皆生大会が開催される海岸でのオーシャンスイム、バイクコースなどを取り入れ、最終日にはこのオープンウォータースイム大会に参加する特別な合宿を計画しました。

講師








【講 師】

小原 工(NPO法人皆生スポーツアカデミー所属・チームエフォーツヘッドコーチ)
(経 歴)
2000シドニーオリンピック元日本代表、ワールドカップ銅メダル、アジア選手権5度優勝、全日本トライアスロン皆生大会3度優勝)
小原 千絵(PON TOON所属・チームエフォーツプレーイングコーチ)
(経 歴)
1993~1996 世界トライアスロン選手権元日本代表、現在はエイジ選手としてエイジランキングチャンピオン、エイジ世界選手権日本代表

【共同主催】
米子市 米子市観光協会

【主 管】
NPO法人皆生スポーツアカデミー

【協 力】
鳥取県トライアスロン協会 NPO法人皆生ライフセービングクラブ 中海オープンウォータースイム実行委員会

【期 日】
2019年6月21日(金)~23日(日) ※2泊3日
23日(日)は中海オープンウォータースイム2019大会に参加

【練習会場】
スイム:皆生海岸(悪天候の場合、米子市皆生市民プールを予定)
バイク:米子市・大山町・伯耆町内(全日本トライアスロン皆生大会のコース前半)
ラ ン:皆生温泉内(皆生プレイパーク・皆生海岸遊歩道)

【募集人数】
先着30名(限定)

【参加費】
Ⓐ15,000円(税込)
《中海オープンウォータースイム2019大会 一般の部5kmに参加の方》


Ⓑ13,000円(税込)
《中海オープンウォータースイム2019大会 一般の部3kmに参加の方》


Ⓒ 8,000円(税込)
《中海オープンウォータースイム2019大会へ既に申込・入金済みの方》

・参加費には、講師料、損害補償、中海オープンウォータースイム2019大会の参加費、懇親会費(※1)、諸経費を含みます。
既にオープンウォータースイム大会に直接申込・入金された方も下記「e-moshikom」(略称:モシコム)サイトより、出場料を差し引いた参加費で合宿に参加も可能です。

期間中の宿泊費(2泊分)、食事及び現地までの交通費は別途自己負担となります。
宿泊は各自で手配をお願いします。(地元の方も参加可能です!自宅からの通いもOK)
Ⓐ・Ⓑの方は、合宿へ申込みいただければ、中海オープンウォータースイム2019大会への申込は必要ありません。
・6月22日(土)の夕方にオープンウォータースイム2019大会ゲスト「山田沙知子」さんとの懇親会(※1)を予定しております。
・中海オープンウォータースイム2019大会の「日本選手権大会トライアルの部5km」に参加希望の方は別途ご連絡ください。
・災害や天候の悪化等、不可抗力による合宿の中止や講義内容の変更が発生した場合の参加費の返却は行いません。
・食物アレルギーのある方は事前にご相談ください。
・キャンセル料(開催日の1か月前:0% 7日前:30% 前日:50% 当日:100%)

【申込方法】
e-moshikom(略称:モシコム)』サイトよりお申込みください。(別途、振込手数料が掛かります)

【申込期限】
2019年6月7日(金)

【スケジュール(予定)】
※本合宿のトレーニング内容は、ハードなメニューを行うのではなく参加選手が今まできついと感じていたことが楽に感じてもらえるような動作改善やフォームチェックなどを中心に行います。
◎6月21日(金)
13:00       米子市皆生市民プール研修室集合 受付、練習内容等の説明
13:30~14:30 ランニング練習(皆生プレイパーク) フォーム改善・ドリル練習・ジョグなど
14:45~16:15 オーシャンスイム練習(記念碑前) OWSテクニック・本番を想定した集団スイム

◎6月22日(土)
9:00~11:30 バイク練習(全日本トライアスロン皆生大会バイクコース前半) ポジション・フォームチェック
13:00~14:00 ランニング練習(皆生海岸遊歩道) 体幹・ドリル練習・ペース走
14:30~15:30 オーシャンスイム練習(華水亭前) OWSテクニック・集団スイム

◎6月23日(日)
中海オープンウォータースイム2019大会へ参加山田沙知子
7:30~  大受付
8:30~  開会式
8:55~  選手移動
9:10~  入水チェック
9:30~  5kmスタート
9:40~  3kmスタート
10:00~ 浸水イベント「中海ゴザ走り選手権」
12:15~ 閉会式
13:00頃 合宿解散

【持ち物】
着替え、保険証、スイム、バイク、ランに必要なもの、雨具、中海オープンウォータースイム大会に必要な書類等
※尚、以下の用具は必須です。
ウェットスーツ(トライアスロン用)、スイムキャップ、ゴーグル、バイク、ヘルメット、バイクボトル、ランシューズ
※バイクについてはJTU規則に準拠するバイクを準備してください。シングルギア、ブレーキの無いものは禁止です。前照灯、尾灯、バックミラーの装着を推奨します。
※用具のレンタルはありませんので、各自で用意してください。

【損害保険内容】
死亡・後遺障害保険金1,000万円・入院保険金日額4,500円・通院保険金日額3,000円・個人賠償責任限度額3,000万円・救援者費用100万円

【備 考】
・講習内容は天候や予定地の状況によって変動します。
・合宿スケジュールは1週間前に参加案内で連絡します。

【お問い合わせ先】
米子市観光協会(担当:石倉)
電  話:0859-37-2311 
受付時間:8:30~17:00

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。