お得キャンペーン

皆生温泉海水浴場の名称が変わります

本年、皆生温泉開発100周年記念事業「KAIKE101」の一環で、海水浴場リニューアルにあわせ、海水浴場の名称を公募したところ、海水浴場の名称は「皆生温泉海遊ビーチ」に決定しました。

令和3年度に皆生温泉開発100周年記念継続事業「KAIKE101」(かいけ いちまるいち)の一環として、海浜施設の改修、漁火テラス(休憩スペース)の新規設置、海浜の禁煙化等、夏季シーズンの海浜を活用した誘客コンテンツである「皆生温泉海水浴場」のリニューアルを予定しており、それに伴い新型コロナウイルス感染終息後も選ばれる海水浴場として、県内外より来訪意欲を持たせ、更には市民の方に今後も愛される海水浴場となるよう、新たな海水浴場の名称を公募したところ、「皆生温泉海遊ビーチ」に決定しましたのでお知らせいたします。
※「皆生温泉海遊ビーチ」という名称は、令和3年4月1日~4月30日まで公募し、応募総数150案から選考委員の審査を経て決定されたものです。

《海水浴場名称》
皆生温泉海遊ビーチ(かいけおんせんかいゆうびーち)

《本年度開設期間》
令和3年7月16日(金)~8月22日(日) 計38日間

《名称選定理由》
1.皆生温泉海水浴場は、既に温泉地にある海水浴場として県内外を問わず幅広く多くの方に認知されており、「皆生温泉海遊ビーチ」は、普遍性がある地名(皆生温泉)が冒頭にある事で、そのイメージを保ちながら、同域内で楽しめるマリンアクテビティ(シーカヤック・サップ等)といった、泳ぐだけではない海・海浜の様々な楽しみ方を連想させる構成となっている。

2.語尾に「海水浴場」ではなく「ビーチ」とすることで、海水浴期間以外に同場所をイベント等で使用する際、幅広く使用出来る名称として適しており、更には海浜が通年利用可能な場所であることをアピールすることが出来る。

3.「皆生温泉」と「海・海浜」「遊び」の「海遊」というキーワードをきっかけに、皆生温泉まちづくり会議が、30年後も選ばれ続ける温泉地を目指して策定した、皆生温泉まちづくりビジョン「皆生温泉・海遊リゾート」計画が、市民をはじめ多くの方に知ってもらう機会が増える。

4.よって、海水浴場の名称を「皆生温泉海遊ビーチ」と命名することが相応しい。

今後、当協会として「皆生温泉海遊ビーチ」をより多くの方に楽しんでいただけるよう創意工夫し、新たな海浜の楽しみ方の提供、また各関係者と協力し安全管理に努めながら海水浴場の開設等、取り組んでいきます。

海浜施設リニューアル
(本年度リニューアル予定の海浜施設イメージ)

皆生温泉海水浴の様子
(皆生温泉 海水浴の様子)

皆生温泉マリンアスレチック海皆-KAI・KAI-
(皆生温泉マリンアスレチック海皆-KAI・KAI-)

マリンアクテビティSUP体験

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。