観光モデルコース

大人達の社会見学モデルコース1

米子市内の産業や神話にまつわる神社など、きっと1日が終わったら充実感を感じるかも?

大人達の社会見学モデルコース
  • 王子製紙米子工場(米子市吉岡373)
    米子工場はパルプから抄紙・塗工工程まで一貫生産体制の高級塗工紙専抄工場です。その、パルプから紙になるまでの工程を見学しますが、中でも出来上がった紙を、直径3m幅8mの巨大なロール状にするのは圧巻です。
  • 米子市水道局(米子市車尾南2-8-1)
    現在、水道記念館になっているポンプ場は1926年に建てられたもので、屋根は赤瓦、外観は白壁、一部に半円アーチのの窓を設け、ロマネスク風のモダンな建物で2001年には国の登録文化財として登録された。そして、米子市の水は水源地の地下85mからくみ上げる全国でもめずらしい地下水で、厚生労働省の「おいしい水研究会」で全国32市に選ばれています。
  • 赤猪岩神社(西伯郡南部町)
    この神社は因幡の白ウサギを助けた事で知られるオオクニヌシにまつわる神話スポットです。兄弟神らにより真っ赤に焼いた大石の下敷きになって死んでしまうが母神の愛と二人の女神の手により再生されました。その大石と言われる「赤猪岩」の周りは苔で覆われ、神秘的な雰囲気が漂っています。
  • 米子城跡(米子市久米町)
    米子城は1591年に毛利一族「吉川広家」が標高90.5mの湊山を中心に築城を始め頂上の四重櫓などを造り、1600年に伯耆17.5万石領主中村一忠がさらに頂上に五重天守など規模を拡大し1601年に完成しました。当時、二つの天守を備えた山陰随一の名城と言われました。
王子製紙米子工場見学申込書

見学には申込が必要です。希望日の前日までに王子製紙米子工場にお申込み下さい。

米子市水道局見学申込書

見学には申込が必要です。希望日の前日までに米子市観光協会または米子市観光案内所にお申込み下さい。