米子観光ガイド

大漁市場なかうら

境港のお宝グルメを探すなら、ここへ行くのが一番!

全長7.7メートル、超巨大な鬼太郎親子がお出迎え! 何でも味わうことができる、境港グルメの宝庫

大漁市場なかうら

巨大な鬼太郎親子に出迎えられ、境港のお宝探し!

全長7.7メートル、超巨大な鬼太郎親子の石像がお出迎え!
この石像は漫画家・水木しげる先生が「がいな鬼太郎」と命名。
左手には地元の名産・松葉ガニをしっかり抱きかかえた境港らしい姿で、すっかりここの看板になっています。

館内は、山陰のグルメでいっぱい!
境港で水揚げされた獲れたての魚介類、佃煮、海産珍味、蒲鉾、山陰銘菓などなど……♪
2階では、お食事処「弓ヶ浜」が、お腹を空かせたあなたを待っていますよ。

境港は、日本有数の漁港。
すぐ近くで水揚げされたばかりの新鮮な旬魚が豪快に並び、館内では、常に元気な掛け声が飛び交います。
日本海の豊かな恵みがズラリと並ぶ様には、思わず歓声も飛び出します。

見逃せない松葉ガニ!

ここへに来たなら何と言っても見逃せないのが、秋冬の名物・新鮮なカニ!
境港は、紅ズワイガニの水揚げ量日本一を誇ります。
実の詰まった冬の王様・紅ズワイガニはもちろん、タラバガニ、ワタリガニ、毛ガニなど各地のカニが一同に並びます。
プロの目で厳選された上質なものばかり。
カニのスペシャリストが、どんな要望にも気軽にお応えします。

おかずにおつまみに喜ばれる「あご野焼き」「板わかめ」

また、水産加工品では「あご野焼き」と「板わかめ」がオススメです。
あご野焼きの「あご」とはこの地方で言う「飛魚(トビウオ)」のこと。
身をすりつぶして味付けし、焼き上げたものが「あご野焼き」です。
一見竹輪のようにも見えますが、竹輪よりも大きくて食べごたえのある重量感。
ここ山陰にしかない逸品は、おかずにおつまみに喜ばれます!

「板わかめ」はその名のとおり板状になった乾燥わかめ。
これも山陰にしかない珍味です。
手でちぎってお酒のつまみにしたり、細かく砕いてご飯の上にのせて食べたり、おにぎりの海苔の代わりに使ったり……工夫次第でいろいろな食べ方ができます。
磯の香りを感じられておいしい上に、とってもヘルシー!

お腹が空いたら、お食事処で境港のグルメを満喫!

お腹が空いたら、2階のお食事処「弓ヶ浜」で境港のグルメを満喫!
ここでの一番人気メニューは「カニトロ丼(1150円)」。
とれとれ新鮮なカニの身を独自の手法で熟成、マグロのトロのような濃厚なうまみを引き出した究極の味!
ご飯の上にカニトロ、カニ身、山芋、卵、青ねぎ、海苔をお好みで乗せ、特製のたれをかけて軽くかき混ぜて召し上がれ。
すべてのうまみが渾然一体となって……それは、言葉を失ってしまうほどのハッとするうまさ。
この続きはご自分の舌でしっかりと味わってみてください。
そのほか、「みなと丼(1400円)」は、脂ののったアジと白イカで作った旨みたっぷりの丼。
アジの旨味と白イカの甘さがお口の中いっぱいに広がります。

所在地 鳥取県境港市竹之内団地209
電話 0859-45-1600
休み 年始(1月1日~1月4日)
営業時間 8:15~16:30
駐車場 大型バス40台
アクセス JR米子駅より車で25分
JR境港駅より車で10分
米子鬼太郎空港より車で7分
HP 大漁市場なかうら

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。