米子観光ガイド

伯耆古代の丘公園

まるで古代のままに復元された高床建物の展望広場から、日本海や淀江平野を一望!

土器、はにわ、土笛作り、火おこし体験! 古代の暮らしを楽しく学ぼう

伯耆古代の丘公園_1

古代の生活にチャレンジできる!

ここ、「伯耆古代の丘公園」では、さまざまな体験メニューを用意しています。
土器作り、はにわ作り、土笛作り、火おこし体験などなど……♪
園内の「古代体験の館」で古代の暮らしを楽しく学ぶことができます。

また、園内では「向山古墳群」を整備。
5世紀末から6世紀末に築かれた西伯耆(鳥取県西部)を代表する古墳群で、2つの丘陵内に前方後円墳をはじめ、総数17基が分布しています。
前方後円墳の密集度では全国有数の規模で、平成6年に国の史跡に指定されています。

古墳時代中期の「帆立貝式古墳」も復元、周囲には104体のはにわを設置しています。
まるで古代のままに復元された高さ15メートルの高床建物の展望広場からは、日本海や淀江平野を一望。
「古代の人々も、この地の自然の中で暮らしていたのかな?」など、いにしえの暮らしに想像が膨らみます。

その他にも、公園内には見どころがたくさん!

「伯耆古代の館」で、向山・瓶山から出土した遺物を見学。
「万葉の園」で万葉集に詠まれている109種もの古代の草花や樹木とのふれあいも。
「古代農園」は、古代のお米「赤米」の実験農場となっています。
「記念の森」では、人生の大切な節目に記念植樹を行うこともできます。

鮮やかな緑と芝生に囲まれた「お祭り広場」、フィールドアスレチックで遊べる「冒険広場」など、お子様が楽しめるスペースも。

お子様からご年配の方まで、思い思いに憩いの時間を過ごすことができる公園です。

夏は40種類もの古代ハスが咲き誇る!推定2000年前の貴重な品種も

伯耆古代の丘公園_2

公園内にある「古代ハスの園」では、6月下旬から9月にかけて40種類もの古代ハスが咲き誇ります。

推定2000年前の「大賀蓮」、鳥取ゆかりの品種「大名蓮」なども見ることができ、訪れる人を弥生ロマンへといざなってくれます。

写真で知ろう!夏の公園を鮮やかに彩るハス図鑑

6月下旬から9月にかけて、公園内の「古代ハス園」で鑑賞できるハスの姿を写真でご覧いただけます。
鳥取ならではの品種や、はるか2000年もの時を超えて現代まで生き続けている大変珍しい品種も!
早朝に咲く蓮の花は、この地に夏の訪れを告げる風物詩。
“早起きは三文の得"とばかり、朝一番で公園を訪れてその美しい姿に触れてみませんか?

初秋にはコスモスロードが出現!可愛らしい花々の姿にホッと心も癒やされます

伯耆古代の丘公園_3

夏のハスの見頃が終わると、今度は公園内のあちこちでコスモスの花たちが咲き誇ります♪
園内の道をまるでトンネルのように覆い尽くす姿は、“コスモスロード"と言いたくなる風情。
赤や黄色、ピンクの可愛らしい花々を眺めていると、心がホッと安らぎます。

伯耆古代の丘公園_4

所在地 鳥取県米子市淀江町福岡1529
電話 0859-56-6817 (伯耆古代の丘公園管理事務所)
休み 第2・4水曜(祝祭日の場合は翌日)・12/31~1/3
営業時間 9:30~17:00(入園は16:30まで)
※ハスの開花時期は早朝開園
駐車場 白鳳の里駐車場利用
アクセス 山陰道「淀江」ICから車で5分
料金 入園料 大人(高校生以上)200円、小学生又は中学生100円
HP 白鳳の里 伯耆古代の丘公園

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。