米子観光ガイド

蔵元 稲田本店(酒蔵見学)

鳥取県米子市夜見町325-16 0859-29-1108

酒造りの歴史にも名を残す先駆者を米子で発見!
延宝元年創業 約300年の歴史を誇る名蔵元

蔵元 稲田本店(酒蔵見学)_1

明治の半ば、地ビールのハシリとも言える「イナダビール」を発売。また昭和6年には冷用酒を全国に先駆けて販売するなど、酒造りのパイオニアとも言える米子を代表する酒蔵がこちら。

現在ビールの生産はしていないものの、全国初とも言える冷用酒「トップ水雷」は今も健在。
出雲神話に出てくるヤマタノオロチの物語で須佐之命に助けられ、後に妻となる稲田姫にちなんだその名も「稲田姫」と並び、今も変わらず稲田本店の代表酒となっています。

コチラの酒の味を支える杜氏は、鳥取大学工学部大学院を卒業、一旦東京の電機メーカーに就職後、酒造りへの想い

が募り、東京農業大学醸造学科で醸造学を学んだという経歴の持ち主。

その造りをひと言で言うなら、“心で醸す酒造り”。

スッキリ後口もよく、その余韻をしっかりと楽しむことができる逸品揃いです。

また、酒造りの歴史資料や古くから伝わる酒造りの機器が展示してある資料館が併設され、毎年春先には新酒祭を催すなど愛飲者との交流にも力を注いでいます。
工場見学(要予約)も可能なので、これを機に伝統の酒造りを肌で感じてみることもオススメします。

山陰の銘酒を全国へ発信!
蔵元の新たなチャレンジが現在都心で大ブレイク中!

稲田酒造が、自らの酒のおいしさを地元に、そして全国に知ってもらおうと始めたのが、直営の居酒屋「稲田屋」。
「稲田姫」などのうまい酒と、酒の味を引き立てる旬の肴。この組み合わせで、東京日本橋に出店した1号店を皮切りに、今や東京都内に8店舗、米子に1店舗を構える人気ぶりを誇っています。

山陰の味を大都会・東京でも。
故郷米子を離れて暮らしている方にもうれしいお店です。

 

所在地 鳥取県米子市夜見町325-16
電話 0859-29-1108
駐車場 あり
アクセス JR米子駅より車で約15分
HP 稲田本店

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。