米子観光ガイド

和傘伝承館

山陰の伝統文化を守る、職人の技。後世に受け継ぐべき、地域の貴重な財産

艶やかな和傘の製造工程を見学

鳥取古来のお祭りを支える匠の技
手の温もりが伝わる和傘は、守るべき日本の伝統

和傘伝承館_1

現代に受け継がれる「淀江傘」の伝統。 繊細な和傘の製造工程を見学し、淀江に伝わる、和傘の伝統文化について知ることができるスポットです。

館内では、ギフト用の和傘も販売。 「日傘」「番傘」「舞踊傘」「蛇の目傘」など種類も豊富です。 ぜひお気に入りの1本を見つけて、和傘の魅力を身近に感じてみませんか?

「淀江傘」のルーツは、江戸時代後期に倉吉からやってきた「倉吉屋周蔵」がここ・淀江で傘屋をはじめたことにあります。 淀江は、傘の原料となる竹材を入手しやすく、また、日野川沿いの砂地に傘を大量に干すことができる土地柄でした。 そういった背景もあり、大正時代には製造業者が71軒、年間生産量は17万本にも上る“傘の街"に発展。 しかし洋傘の普及とともに生産量は減少し、昭和59年に「淀江傘」の製造業者はすべて廃業してしまいました。

現在では「淀江傘伝承の会」の皆さんがその伝統を受け継ぎ、ここ「和傘伝承館」で地域の文化を後世へ伝える取り組みを行っています。

 

山陰の伝統文化を守る、職人の技。 これからも後世に受け継ぐべき、地域の貴重な財産です。

伝承館製作風景3種

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。