米子観光ガイド

お菓子の壽城(鳥取県西部初出店 スナバ珈琲in壽城)

大山・日本海を望み、おくつろぎのひとときを・・・  

米子城がモチーフの、山陰版“お菓子の城”
城内には、地元を代表する銘菓・名産がズラリ


お菓子の壽城1

お菓子の壽城店内2

お菓子の壽城店内5 お菓子の壽城店内3


米子自動車道米子IC降りるとすぐ、右手にそびえる大きなお城。
「えっ、米子城ってまだ存在するの?」、そう思えるほどに立派な造りの建物の正体こそが「お菓子の壽城」なのです。
米子城そのものの姿を再現、天守閣も設ける城内には、寿製菓が誇る傑作「とち餅」をはじめとした甘~い香り漂う銘菓のほか、天ぷら、珍味、吾左衛門寿司などの特産品がズラリ勢揃い。
大型バスが毎日多数乗り付けるなど、すっかり山陰ツアーの立ち寄りポイントとして定着しています。
銘菓はすべて試食OK。お気に入りを見つけたら、ぜひ旅のお土産としてお買い求め下さい。


とちもち


お菓子コンクールでも賞賛の嵐
故郷の味「とち餅」はお城の看板商品
お菓子の壽城の名を全国に知らしめるきっかけとなったのが、紅白のパッケージで揃う銘菓「とち餅」。
創業者思い出の品というこの素朴な和菓子は、秘伝の製法でアク抜きしたとちの実をもち米とともに蒸し、杵でついた後、地元でとれた伯耆大納言小豆で作った餡に合わせたもの。
その味は、過去「全国お菓子大博覧会」で名誉総裁賞を受賞するなど、山陰銘菓でも屈指の人気を誇っています。
ほか、地元産牛乳たっぷりのカスタードを包んだ「福々兎」など負けず劣らず人気の品が勢揃い。
まさに幸せ運ぶ“お菓子の城”です。

 
~ほかにも見つけた壽城 人気のヒ・ミ・ツ~


お菓子の壽城_4



城内では銘菓を生む工場もフル稼働
“お菓子ができる”までを見学OK!
城内の販売スペースの奥には、実際に店頭に並ぶ商品の工場を併設。
材料の加工から包装まで、自慢の銘菓の製造ラインをガラス越しに見学することが可能です。
通路には各工程の解説を表示。
誰も簡単に和菓子ができるまでを学ぶことができます。


お菓子の壽城_5



職人が銘菓とち餅の実演も披露!
できたてはまさに“とろっとろ”
城内では、この道40年、とち餅作りの名人によるとち餅作りの「実演」も披露。
全身を使ったリズミカルな動きでとち餅を作る様子は、訪れたお客様の目を釘付けに。
手作りの餡が包まれた、作りたてのお餅は、まさにとろっとろ。
いかにもおしそうな柔らかさが食欲をそそります。
完成したとち餅は、みなさんに振る舞われるので、“できたて”の味を、早い者勝ちにて満喫できます。お見逃しなく。


お菓子の壽城_6



石垣の一部を移築!
実は“ホンモノ”な姿も随所に
レプリカといえ、実に威風堂々とした雰囲気を醸し出す城郭。
それもそのハズ、石垣の一部を旧米子城より移築するなど、ホンモノのパーツも随所に取り入れているのです。


お菓子の壽城_7

 



日本海と米子市内を一望
見下ろす下界に、気分はすっかりお殿様
お城の4階に上がると、そこは360度のパノラマビューを誇る展望台。
国立公園大山や日本海、弓ケ浜のロケーションを楽しむことができます。
 
所在地 鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1
電話 0859-39-4111
休み 年中無休
営業時間 9:00~18:00
駐車場 普通自動車200台 大型バス50台
アクセス

米子自動車道米子ICから車で1分

JR米子駅バスターミナル④番乗り場 観光道路経由本宮・大山線「二本木」(約20分)下車徒歩約8分 バス停先信号左折直進

HP お菓子の壽城

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。