米子観光ガイド

足立美術館

静謐の中で、心穏やかに味わう安らぎ……贅沢な時間を心ゆくまで堪能

世界一の日本庭園がここに! 近代日本画の大胆かつ繊細な世界観と絶妙に調和した空間が広がります

足立美術館

足立美術館といえば、なんといっても日本庭園は見逃せません!

この美術館が擁する日本庭園は、米国の日本庭園専門雑誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングにおいて、なんと14年間連続で第1位に選ばれています。
およそ1,000か所の名所旧跡を対象にした中、名実ともに「世界一の日本庭園」として輝いているのです。

「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など、歩みを進めるたびに目の前に広がる静謐で雅な風情。
館内で見ることができる日本画の名品とあいまって、訪れる人の心を静かに癒してくれます。

足立美術館は昭和45年、地元・安来市出身の実業家「足立全康」によって設立。
館内には、日本画の巨匠「横山大観」のコレクションが日本屈指の規模で展示されています。
その数、なんと120点。
常時20点余りを鑑賞することができ、時に繊細、ときに大胆なその作風に間近で触れることができます。
他にも、「竹内栖鳳」「川合玉堂」「富岡鉄斎」「榊原紫峰」「上村松園」など数々の近代日本画を鑑賞することができます。

そして、安来出身の陶芸家「河井寛次郎」、稀代の料理人として名を馳せた「北大路魯山人」の陶芸作品もズラリ。

「武井武雄」「林義雄」らの童画なども合わせると約1,500点もの所蔵品があり、目の前に広がる近代日本美術の世界とともに5万坪の日本庭園を堪能できる美術館です。

中でも特に、横山大観の名作「白沙青松」をモチーフにした「白砂青松庭」を見逃せません。 白砂と松のコントラストが、見るものの心を鮮やかに捉えます。

館内には、「生の掛け軸」という仕掛けも。
床の間の壁をくりぬき、そこから庭園を望むことであたかも一枚の掛け軸のような庭園絵画を鑑賞できる、というものです。
こちらも、足立美術館の名物のひとつとして人気を博しています。

年に4回の展示替えにより、季節ごとに飽きさせない工夫が施された足立美術館。
日本庭園はどんな季節に訪れても、四季とともにさまざまな表情を見せる美しい景色を味わうことができます。
静謐の中で心穏やかに味わう安らぎ……この美術館で、贅沢な時間を心ゆくまでお楽しみください。

所在地 島根県安来市古川町320
電話 0854‐28‐7111
休み 年中無休(新館のみ展示替えのため休館日あり)
料金 大人2300円(1900円) 大学生1800円(1500円) 高校生1000円(800円) 小・中学生500円(400円)
カッコ内は20名以上の団体料金
営業時間 4月~9月9:00~17:30
10月~3月9:00~17:00
駐車場 大型駐車場完備
アクセス JR米子駅より車で30分
JR安来駅より車で15分
無料シャトルバス(JR安来駅より20分・定員28名・先着順・予約不可)
※ホームページにて最新のダイヤをご確認ください。
HP 足立美術館

JR米子駅⇔足立美術館アクセス

足立美術館アクセス

Google Maps

Googleマップを表示できませんでした。